読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

三四郎の日記

ゲームのプレイ日記や日々の備忘録

世はプロゲーマー戦国時代

ここ数年で一気に増えたプロゲーマーやプロゲームチーム。

FPSRTS、MOBA、格闘ゲーム等々、様々なジャンルにおいて企業からのスポンサーを受けているプレイヤーが輩出されてます。

 

自分が初めて知ったプロゲーマーは、個人ではSIGUMA氏、チームとしては4dimensioNでした。しかし国内では一強と謳われていても、海外での戦績はイマイチ。この原因を力の差だと言う人がいるけど、個人的には力の差よりも国内における認知度の低さからくるプレイヤー数の差だと思っています。というのも、当時はFPSならCounter-StrikeQuakeRTSならStarcraftWarcraftで、どれも海外版のみで入手経路もパッケージを購入しなければいけないと、スタートの敷居が高かったのもあって中々ライトユーザーには馴染みにくいものばかりでした。こういった点を踏まえてみて、国内からプロゲーマーを輩出するのであれば、格闘ゲームが最も適しているのでは考えていました。しかし打って変わって海外の格闘ゲーム事情はマイナーなものでした。今となってはEVOやカプコンプロツアーなどの国内外の大きな大会が各地で催されて環境が整ってきてはいます。

 

一転してFPSが急激に認知度をあげたのには、韓国産FPSが続々と国内でサービスインした影響が大きいと思えます。基本無料で手軽に遊べる上に、全て日本語にローカライズされているのでライトユーザーにとっては、始める上でまたとないゲームでしたね。この頃から徐々に海外の大会へと参加する国内チームやプレイヤーが注目される傾向にあったと思います。クロスファイアからはVault、AVAの強豪であるDeToNatorなどがスポンサー契約を結びプロゲーマーとして登場していました。

 

一方で、格闘ゲームは未だ国内の人気は根強いものの、海外ではパっとしない感じでした。格闘ゲームが海外で今まで流行らなかった理由としては、日本でFPSが流行らなかった理由と似たようなもので、対戦環境が大きかったと思います。ところがアーケードで稼動していたストリートファイター4の家庭版が発表され、オンライン対戦が可能という吉報が届きました。これにより海外プレイヤーと国内プレイヤーの実力差が埋まり始め、強豪プレイヤーが続々と現れ始めます。こうして環境が整備されていく中で、待望の国内初プロ格闘ゲーマーとして、ウメハラ氏が名を挙げるのでした。このニュースは瞬くまに格闘ゲーム界に響き渡り、様々なメディアに取り上げられていたのを覚えています。この辺りから、格闘ゲームのコミュニティは閉鎖的なイメージからオープンなイメージに変わったと思いますね。ここから格闘ゲーム界は目まぐるしく成長をし始め、数々のプレイヤーがプロ契約を結ぶことになります。この大きな変化が、格闘ゲームという枠組みを超えて、League of LegendsやHearth Stone、Over Watchなどの様々なジャンルから、プロゲーマーを生み出す一因になっているんじゃないかなーと思っています。

 

正直、数年前まではまさかこんな時代が来るとは、これっぽっちも思っちゃいませんでした。私自身も昔からFPS格闘ゲームを片隅で見てきていたので、海外のゲームに対する意識の違いも知っていましたし、日本ではプロゲーマーなんて一生出てこないだろうなーと思っていました。本当、いい時代になったもんです。