読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

三四郎の日記

ゲームのプレイ日記や日々の備忘録

世はプロゲーマー戦国時代

ここ数年で一気に増えたプロゲーマーやプロゲームチーム。

FPSRTS、MOBA、格闘ゲーム等々、様々なジャンルにおいて企業からのスポンサーを受けているプレイヤーが輩出されてます。

 

自分が初めて知ったプロゲーマーは、個人ではSIGUMA氏、チームとしては4dimensioNでした。しかし国内では一強と謳われていても、海外での戦績はイマイチ。この原因を力の差だと言う人がいるけど、個人的には力の差よりも国内における認知度の低さからくるプレイヤー数の差だと思っています。というのも、当時はFPSならCounter-StrikeQuakeRTSならStarcraftWarcraftで、どれも海外版のみで入手経路もパッケージを購入しなければいけないと、スタートの敷居が高かったのもあって中々ライトユーザーには馴染みにくいものばかりでした。こういった点を踏まえてみて、国内からプロゲーマーを輩出するのであれば、格闘ゲームが最も適しているのでは考えていました。しかし打って変わって海外の格闘ゲーム事情はマイナーなものでした。今となってはEVOやカプコンプロツアーなどの国内外の大きな大会が各地で催されて環境が整ってきてはいます。

 

一転してFPSが急激に認知度をあげたのには、韓国産FPSが続々と国内でサービスインした影響が大きいと思えます。基本無料で手軽に遊べる上に、全て日本語にローカライズされているのでライトユーザーにとっては、始める上でまたとないゲームでしたね。この頃から徐々に海外の大会へと参加する国内チームやプレイヤーが注目される傾向にあったと思います。クロスファイアからはVault、AVAの強豪であるDeToNatorなどがスポンサー契約を結びプロゲーマーとして登場していました。

 

一方で、格闘ゲームは未だ国内の人気は根強いものの、海外ではパっとしない感じでした。格闘ゲームが海外で今まで流行らなかった理由としては、日本でFPSが流行らなかった理由と似たようなもので、対戦環境が大きかったと思います。ところがアーケードで稼動していたストリートファイター4の家庭版が発表され、オンライン対戦が可能という吉報が届きました。これにより海外プレイヤーと国内プレイヤーの実力差が埋まり始め、強豪プレイヤーが続々と現れ始めます。こうして環境が整備されていく中で、待望の国内初プロ格闘ゲーマーとして、ウメハラ氏が名を挙げるのでした。このニュースは瞬くまに格闘ゲーム界に響き渡り、様々なメディアに取り上げられていたのを覚えています。この辺りから、格闘ゲームのコミュニティは閉鎖的なイメージからオープンなイメージに変わったと思いますね。ここから格闘ゲーム界は目まぐるしく成長をし始め、数々のプレイヤーがプロ契約を結ぶことになります。この大きな変化が、格闘ゲームという枠組みを超えて、League of LegendsやHearth Stone、Over Watchなどの様々なジャンルから、プロゲーマーを生み出す一因になっているんじゃないかなーと思っています。

 

正直、数年前まではまさかこんな時代が来るとは、これっぽっちも思っちゃいませんでした。私自身も昔からFPS格闘ゲームを片隅で見てきていたので、海外のゲームに対する意識の違いも知っていましたし、日本ではプロゲーマーなんて一生出てこないだろうなーと思っていました。本当、いい時代になったもんです。

バイトしてたゲーセンに来る客がモンスターだらけだった話

ゲームセンターは健全なものになりました。

分煙が進み、店内は明るく華やかな内装が増え、徐々に女性客やカップルも多くなったりと、昔とは比べ物にならないほど華やかなイメージに変わったと思います。今回はそんな進み行くゲーセン史の中で、修羅の時代を生き抜いた私が経験した話を書いてみたいと思います。

 

ボス、襲来

高校を卒業して暇を持て余していた私は、とある小さなゲーセンでバイトをしていました。そこは昔のゲーセンを絵に描いたような店で、店先にはナンバーが曲がった単車や原付が止まり、店内にはさも当然のように制服のままタバコを吸う中学生達、それでも意外と面白い奴が多かったので、なんだんかんだ仲良くやっていたある日のことでした。見慣れない車が止まっているなぁと思って店内に入ると、いつもの中学生グループの中に、明らかに別格のおっさんが一人混ざってました。話を聞いてみると、どうやらこのおっさんは地元で一番やばい人らしく、関わらないほうが良いとのこと。「そんなこと言われてもワシ店員ですしおすし」と思ったのだけど、触らぬ神に祟り無しと言うので近寄らないようにしてました。ところが当時の私は妙に年下からモテる時期だったのか、ボスのお気に入りだった子と仲良くなってしまい、それがボスの耳にも入ったらしく、いつの間にか名前を覚えられてました。それからというもの、何かにつけてボスに呼び出されるようになったりと、内心いつかミンチにされるんじゃないかと思っていましたが、徐々にボスの出現回数が減っていき、自然と来なくなり難を逃れました。

 

おたずねもの

ボスが討伐されてから平和な毎日を過ごしていた日のこと、店先で常連達との談話で盛り上がっていると、通りかかった車から一人の男が声をかけてきました。その男はドレッドヘアをなびかせ、ジャック・スパロウを彷彿とさせる風体でいかにも怪しいオーラ全開でしたが、いくつもの修羅場を潜り抜けてた私は、持ち前のコミュ力を発揮して無駄に仲良くなっていきました。それからジャックは毎日のように店に顔を出すようになり、コンビニの前でヒップホップ談義に花を咲かせる仲になりました。そんなある日のこと、店先を掃除してると見慣れない車が一台止まり、スーツ姿の男が私に近寄ってくるじゃありませんか。「こいつ・・・サツか!?」と意味不明な妄想をしてニヤけてた私に、スーツ姿の男が見せてきたのは警察手帳でした。妄想が現実に変わった瞬間、刑事さんは言いました「ジャック・スパロウがこの店で目撃されてると聞いてね」と・・・。その後、警察から呼び出しをくらって、人生で二度はないであろう刑事課へ足を運び、数枚の写真を見せられました。所謂、マグショットというやつですね。この中にジャックはいるかと聞かれ、まさかと思ったらあっさりジャックが写った写真を見つけちゃいました。刑事さんが言うには傷害事件やら何やらの前科があって、今回も傷害で追っていた最中だったということ。結局、この後どうなったかは分かりませんが、ジャックが店に来なくなったということはそういうことなんでしょうな。

 

ビッグボス

ボスが店に来なくなってからというもの、店は平和そのものでした。平和と言ってもいつもの中学生グループはやってくるわけで、迷惑なのか賑やかなのかよくわからない状況の最中、グループの一人で仲が良かった子が店に来なくなりました。心配になった私は事情を聞いてみると、どうやらボスに頼まれていたチケットが売れずに逃げ回っていたのが、ボスの更に上のビッグボスの耳に入ったらしく、身の危険を感じて田舎に高飛びしたらしいとの話でした。その時は「ビッグボスとかメタルギアかよwww」ぐらいにしか考えてませんでした。だって絶対に関わることなんてないと思ってましたから・・・。それからしばらくして、いつも通り店先を掃除していると、凄い勢いで車が突っ込んできて、おっさんが一人降りてきたかと思うと、次の瞬間には私の胸倉を掴んで「あいつをどこやったんじゃああ○%&×■!」と意味不明なことを叫んでました。あまりの一瞬の出来事過ぎて、妙に冷静だった私は「ここ最近は店に来ておりません!すいません!」と何故か謝っていた。結局、何も聞き出せないと思ったビッグボスは立ち去っていくのですが、去り際に見えた右手にでけぇナイフが握られていたのを見て、首に感じていた感触ってこれだったのかと思ったら、一気に腰が抜けてその場に座り込んでしまいました。この事件の後、どうやら下っ端連中による告発で逮捕されたようで、懲役数年くらったそうです。これを切欠に、店からは徐々に中学生グループ達や関係者の姿は消え、店は自然と潰れて行きましたとさ。

 

あとがき

今となっては考えられないことですが、当時は本当に魔境でした。

それでも根は良い人も多かったし、様々な出会いをくれたのもこのゲームセンターでした。今はもう潰れてしまったけど、色んな意味で自分の人生に大きな影響を与えてくれた存在なのは間違いないと思います。あの感じはもう二度と味わえないだろうなぁ。

I'm Negan

f:id:tmge0346:20170411215510j:plain

 

ウォーキングデッドのシーズン7が終わっちゃいましたね。

救世主達から、束の間の勝利を得たリック達はこれからどうなるのか。シーズン8の製作も進んでいるようですが、ネタバレ防止のために撮影には滅茶苦茶気を使ってるみたいですね。楽しみで仕方ねぇべ!

 

ウォクラが69になりました。マゾ過ぎて常に白目状態。

とりあえず封印DCローブを全部位揃えたので、後は解除したいとこですがアデナがないので、クスト来るまで倉庫の片隅にでも寝かせておくことに。SVレイドでA防具の入手が容易になってきたので、そろそろ解除に対する緩和措置があっても良いのではと思っていますが、そこのところ運営さんどうなんでしょう?